管理栄養士たーりんの食いしん坊ブログ

 ☆海外・国内旅行、食べ歩き、神社仏閣等のパワースポット・温泉巡りが大好き~♪♪♪な         『楽しい旅行&食べ歩き』のブログで~す☆
TOP ≫ CATEGORY ≫ 2012年 中国・アモイ
CATEGORY ≫ 2012年 中国・アモイ
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

中国・アモイ旅 ☆コロンス島☆

本日はミャンマー旅はお休みして、ラオス旅へ出かける前に、2012年の中国・アモイ二泊三日旅の記録をご紹介しま~す☆

本日は・・・


☆★☆中国・アモイ旅☆★☆


『コロンス島』


の旅の記録で~す♪


【フェリーから眺めたアモイ本島】

コロンス島①


写真はフェリーから眺めたアモイ本島で~す♪

アモイ本島は高層ビルが立ち並んでいます。

アモイ本島とコロンス島との間にフェリーが頻発に運行していて、コロンス島への所要時間は約5分。


短い船旅を楽しめま~す☆


【フェリーから眺めたコロンス島】

コロンス島②


コロンス島はアモイ島の南西の沖合い500mほどのところに位置する小島です。

アモイ島の南西500mほど、本島にぴったりと付くような形で浮かんでおり、アモイ島からもその様子をつぶさに見ることができます。

かつてアヘン戦争後の南京条約でアモイが列強に開港された際、アメリカ、イギリス、日本、ドイツ、フランスなど、列強諸国の共同租界がこの島に造られたことがで広く知られています。

今でも島内のあちこちには、赤レンガ造りの洋館が建ち並ぶ区画が残されており、青島など、租界が置かれていた国内の他の街と同様に、中国の一画にいるとは思えないような、住時の面影を色濃く留めたエキゾチックな空間が島全体に広がっています。


【日光岩】

コロンス島④


写真上部にそびえ立つ岩がコロンス島の人気観光スポットである『日光岩』で~す♪


コロンス島③


コロンス島に到着してからは、有料の観光用電気自動車で島内を一周してみました♪


島全体がリゾート地な感じ!!


たくさんの中国人観光客がたくさんいました。


☆2つのブログランキングに参加中☆

ランキングupは日々のブログ更新の
励みになります。よろしかったら 

【FC2ブログ】 & 【にほんブログ村】 
2つのバーナーに1日1回クリック
 
をお願いしま~す♪
ポチッと
↓↓↓↓↓↓

ポチッと
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
☆応援ありがとうございます☆
 また見にきて下さいね~!!


by 食いしん坊たーりん♪
スポンサーサイト

中国・アモイ旅 ☆世界文化遺産 福建土楼☆

本日はミャンマー旅はお休みして、ラオス旅へ出かける前に、2012年の中国・アモイ二泊三日旅の記録をご紹介しま~す☆

本日は・・・


☆★☆中国・アモイ旅☆★☆


『世界文化遺産 福建土楼』


の旅の記録で~す♪


【福建土楼の入口】

土楼①



土楼②


『世界遺産の土楼を見てみたい!!』


で中国・アモイ(廈門)旅に行ってきました♪

2008年に世界文化遺産登録された福建土楼に、アモイ市内から専用車で高速道路&一般道で約三時間かけてやってきました♪

高速道路は快適でしたが、福建土楼の最寄りのインターを降りてから、一般道を走りますが、狭い山道を通り到着しました。

福建土楼の門の入口手前より、有料の専用カートに乗り換えて土楼群まで移動しま~す♪


【カートからの眺め】

土楼


カートから土楼群に向かう途中を撮影してみました♪


写真のような農村風景が続きま~す!!



【円形の土楼】

土楼④


カートにて土楼群の近辺に到着~♪


ついに!!!!!!


憧れの土楼とご対面♡




【円形の土楼の入口】

土楼⑤


入口は一つしかありません!!


福建土楼(ふっけんどろう)は中国福建省南西部の山岳地域にある、客家その他の人々による独特の版築建築物で


客家土楼(はっかどろう)


ともいわれていま~す♪

12世紀から20世紀にかけて建てられたものがほとんどです。

土楼は通常、外部立ち入り禁止の大きな建物で、長方形か円形をしており、厚い土壁(180㎝以上)と木の骨格から成り、高さは3階か5階、80家族以上が生活しています。

この土でできた建物は通常1つの入口しか持たず、その入口も鉄板で頑丈に補強された厚さ10㎝~13㎝の板戸で守られています。

建物の最上階には、盗賊を防御するため、挟間が空けてあります。

福建土楼は46以上あり、2008年に福建の土楼としてユネスコの文化遺産に登録されました。


【円形の土楼の内部】

土楼⑦


入口で入場券を渡し、中に入りま~す☆

現在も住居として使われていて、洗濯物が干してあったりと生活感が漂っていま~す♪


土楼⑧




土楼⑨



円形の土楼の内部からの眺めは


素晴らしい!!!!!!


迫力あります!!!!!!


青空が綺麗!!!!!!




とテレビで見るより迫力あり、大感激しちゃいました☆


以前に北京へ万里の長城をみに行きましたが、私的には万里の長城より、福建土楼の方が感激しちゃいました!!


円形の土楼は狭い階段で上がる事ができ、内部を見学できま~す♪

住宅の一部がお土産屋になっていて、土楼の置物やストラップ等の小物、殻つき落花生、福建省はお茶の産地なので、鉄観音茶等のお茶を買うことができま~す♪

ガイドさんによると、殻つき落花生がおすすめだそうで~す☆


【長方形の土楼】

土楼⑩


長方形の土楼は、世界文化遺産保護の為に、現在は住んでおらず博物館になっていました。


念願叶い、憧れの土楼を見る事ができて感激です!!


☆2つのブログランキングに参加中☆

ランキングupは日々のブログ更新の
励みになります。よろしかったら 

【FC2ブログ】 & 【にほんブログ村】 
2つのバーナーに1日1回クリック
 
をお願いしま~す♪
ポチッと
↓↓↓↓↓↓

ポチッと
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
☆応援ありがとうございます☆
 また見にきて下さいね~!!


by 食いしん坊たーりん♪
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Myプロフィール

食いしん坊たーりん

Author:食いしん坊たーりん
楽しい旅行&食べ歩きが大好き
な管理栄養士の食いしん坊
たーりんで~す♪ 
美味しいものを求めてちょい
ちょい海外・国内旅行にでかけ
時には癒しを求めてパワー
スポットや温泉巡りをして
います。珈琲、ワインが大好き!!
普段は管理栄養士として主に
献立作成及び栄養管理業務の
お仕事をしていま〜す。
ミラーレスデジタル一眼カメラ
SONY α NEX-5Tを使用中!!
皆様に楽しい旅記録や美味しい
情報をお伝えできたらいいな…
♡よろしくお願いしま~す♡

今までの訪問者
☆★また見に来てね★☆
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。